ED治療薬レビトラの特徴は?

レビトラは大手の製薬会社であるバイエル薬品が開発されたED勃起不全治療薬です。レビトラは、バイアグラに続くと副作用が最も少ないED治療薬です。レビトラを服用した後、動脈を細くして血流量を減らす酵素、PDE-5の活動を抑制し勃起を促進する効果があります。外部からの性的な刺激および興奮により、男性器の自然な勃起を促し、持続力を保ちます。バイアグラやシアリスと比べて、レビトラの勃起力が一番と言われています。レビトラには他のED治療薬と比べて「食事の影響を受けにくい」という特徴があります。

レビトラの有効成分は化学合成物質バルデナフィルといいます。バルデナフィルは、白色かじゃっかん黄色がかった結晶性の粉末です。水にやや溶けやすい性質を持っています。この物質は海綿体への血流を損害する「PDE5」という物質の働きを抑え、血管を拡張させる作用で陰茎に血液を流し勃起させます。そうすれば陰茎にある平滑筋という筋肉を緩め、血流が流れ込みやすくなります。十分な勃起に導きます。

レビトラは三大ED治療薬の一つとして開発して以来ずっと人気の理由はその即効性です。何と服用してからたったの15分で効果が表れると言われています。最大10時間までの効果が持続できます。それに、ED治療薬として小粒の薬が飲みやすいです。食事の影響を受けにくい、他の飲料も一緒に飲んでもらうことができます。バイアグラより患者さんの勃起持続時間を保つことができます。ある重症の患者さんはレビトラを飲んでもらうと、勃起ができることになります。ED治療薬は勃起を維持する力を継続させるため、早漏の改善作用もあるとされていますが、特にレビトラはバイアグラ、シアリスと比較して早漏改善作用が大きいとの結果が報告されています。