レビトラジェネリックの安全性

レビトラジェネリックとは、またレビトラの後発薬品とも呼ばれています。バイアグラジェネリック、シアリスジェネリックと同じ、先発薬品の特許期限が切れたあと、先発薬品の主成分と製造技術を使用して作られた薬です。レビトラジェネリックの場合、ED治療薬レビトラ特許期限が切れたあと、レビトラの有効成分バルデナフィルを配合しているED治療薬です。

レビトラジェネリックは国の厳しい審査をパスしなければ販売する事ができません。新薬と同じ安全性、品質である事が証明されてからジェネリックとしての販売が許されるのです。特にレビトラジェネリックは新薬と同じかどうか確かめるため、「溶出試験」や「品質再評価」など、たくさんの試験が義務づけられています。品質の安全性についても、新薬とジェネリックに差異はないと言えるでしょう。

だたし、日本国内にて海外製のレビトラのジェネリックを入手するには、たとえ医療機関であっても個人輸入に頼るしか方法がありません。上記で紹介したインド製レビトラジェネリックもインターネットでの個人輸入代行業者の運営する通販にて非常に需要があるため、悪徳業者がそこに目を付けて個人輸入代行業者にもわからないように偽造品・模造品とすり替えて流通させて利益を得ている場合も決して少なくないのが実状です。